LIFE

環境に優しい!ソイキャンドルの特徴と選び方|燃焼時間や香りは?

2022年1月23日

環境に優しい!ソイキャンドルの特徴と選び方|燃焼時間や香りは?

この記事で分かること

  • ソイキャンドルの特徴
  • ソイキャンドルを選ぶ際の注意点
  • 安心安全のおすすめソイキャンドル

大豆を原料としたソイキャンドルは生分解性が高、環境にも負担をかけません

せっかくのリラックスタイムに使うキャンドル!

環境にも自分にも優しく、安心安全に使えるアイテムを選んでみませんか?

ソイキャンドルとは?

ソイキャンドルとは、主に大豆のオイルを原料とする「ソイワックス」からできたキャンドルのこと。

ソイワックスは天然の植物性ワックスで自然に還りやすく、地球に優しいキャンドルと言えます。

単に「ソイキャンドル」としている場合、パラフィンや蜜蝋など他の原料と混ぜて製品化されている可能性もありますので、「100%ソイ」などの記載があるか確認すると◎ » 「ソイキャンドルを選ぶ際の注意点」

そんなソイキャンドルには、一般的な石油系原料のキャンドルと異なる特徴があります。

簡単に解説していきますね。

ソイキャンドルの特徴

煤や煙が出にくく、空気を汚さない

一般的な石油由来のパラフィンワックスでできたキャンドルと比べて、ソイキャンドルは煤や煙が出にくく空気を汚しません

煤とはそもそもキャンドルが不完全燃焼したときに出てくるものです。

可能な限り煤が出にくいものを選ぶと良いでしょう。

石油由来のパラフィンワックスからは有害物質がより多く出るという研究結果もあるので、ソイキャンドルなど植物由来のものを選ぶとより安心です。

また、ソイキャンドルは空気中の不純物を減らし、空気を浄化する作用があるとも言われています。

天然素材なので人工的な香りがしない

ソイキャンドルは自然由来の大豆を原料にしているので、人工的な刺激臭を発生させません。

石油系原料を使ったキャンドルにある人工的な匂いが苦手という方にオススメです。

無香料のものも販売されていますし、ソイワックスを購入すれば比較的簡単に無香料ソイキャンドルが手作りできます

使わずに眠っている食器やコップを使って手作りソイキャンドルを作ってみてると楽しいですよ!

お花を使ったワンランク上のソイキャンドルの作り方も。YouTubeにも動画がありますので、気になる方は是非。

▲キナリノ 暮らしのチャンネル

エッセンシャルオイルで香りを楽しみたい人向き

溶けたロウにエッセンシャルオイル(精油)を垂らして香りを楽しむ方がいますが、ソイキャンドルはこの使い方が特におすすめできます。

エッセンシャルオイルは揮発性が高い(液体が気体に変化しやすい)ので、融点(固体が液体になる温度)が低いソイキャンドルが向いていると言えます。

※前述の通り、ソイキャンドル自体には香りはほとんどありません。

キャンドルの火がついている状態でオイルを垂らすことは絶対にやめてください。火が大きく燃え上がる可能性があります。香り付けしたい場合は、1度キャンドルを灯しロウを溶かし、1度火を消してからロウだまりにオイルを垂らすようにしてくださいね。

燃焼時間が長め

溶け始める温度(融点)が42〜52度と低いため、全体がまんべんなく、ゆ〜っくりと溶けていきます

一般的なキャンドルでよくある、真ん中だけ穴が空くように溶けることがないので、綺麗に使いやすいです。長く綺麗に楽しむことができるのはメリットですね。

炎の揺らぎも優しく穏やかなのが特徴です

※燃焼時間の長さで言えば、ライスワックスやひまわり油でできた他の植物性原料のキャンドルがさらに燃焼時間が長いです。(パラフィンキャンドル<ソイキャンドル<ライス・ひまわりキャンドル)

マッサージにも、練り香水にも使える

100%ピュアなソイワックスの場合、お肌の保湿剤やマッサージオイル(クリーム)としても使うことができます

もちろん、火を消した直後はロウが熱いので、少なくとも2分以上置いてから溶けたロウをすくって肌に伸ばしてみてくださいね。

もし香り付きのソイキャンドルなら、練り香水のようにして使うこともできますよ!

【特徴まとめ】ソイキャンドルはこんな人におすすめ

植物性のソイキャンドルは、こんな方におすすめです。

  • パラフィンキャンドルの独特な匂いが気になる方
  • 自分でエッセンシャルオイルを垂らして楽しみたい方
  • キャンドルを長持ちさせたい方
  • マッサージオイルや練り香水としても楽しみたい方
 

ソイキャンドルを選ぶ時の注意点

「100%ソイ」を選ぶ

せっかくソイキャンドルを使うなら、「100%ソイワックス使用」等と書かれたものを選びましょう

単に「ソイワックスを使用」と記載している場合、パラフィンや他の原料と混ぜている可能性があります。

「無香料・無着色」か「天然香料」を選ぶ

着色料や香料は、キャンドルの燃焼と共に不純物として空気を汚してしまいます

合成香料が全て悪というわけではもちろんありません。

でも、無着色・無香料ものを選ぶか、天然の香料を使用したソイキャンドルだとより安心です。

天然香料とは、自然界に存在する動植物から抽出した香りを指します。

キャンドルやオーガニック志向の化粧品の香り付けには、天然の植物から抽出された「100%天然の香料」である精油(エッセンシャルオイル)が使われることが多いです。

安心安全のソイキャンドルをつくっているお店

SHEEP|100%精油の香り!虫除けのソイキャンドルも

100%精油使用の環境に優しいソイキャンドル
引用:SHEEP

一時的なトレンドに左右されず、普遍的に愛される商品づくりをするシープデザイン。

「食卓で安心して使えるソイキャンドル」は、香りについても、植物の葉や花、果実や根などから抽出された100%ピュアなエッセンシャルオイルを使用していまます。

注文を受けてから製作する、丁寧な手作りを大切にしているお店です。

▼実店舗情報|愛知県名古屋市のcontが、sheepキャンドルを取り扱っています。

無着色無香料のソイキャンドル

無着色無香料のソイキャンドル
引用:sheep design

材料は、大豆ワックスと精油、国産の綿芯のみ。

人工の着色料や香料は一切使用していない安心安全のキャンドルです。

ソイワックスのアロマキャンドル

ソイワックスでできたアロマキャンドル
引用:cont

ソイワックスに天然香料の精油で優しく香り付けしたアロマキャンドル。

1番人気はアールグレイ。ベルガモットのエッセンシャルオイルをベースにしたすっきりと爽やかな香りに、廃棄されるはずのオーガニックのアールグレイ茶葉を使用することでアクセントの効いたお洒落な香りになっています。

スパイシーなアクセントが印象的なチャイをイメージした香りのキャンドルなど、環境に優しく個性的なソイのアロマキャンドルを作っています。

精油ソイキャンドル

生花を使ったボタニカルソイキャンドル

ボタニカルソイキャンドル
引用:cont

本当なら廃棄されてしまうはずだった生花を再利用したソイワックス100%のキャンドルです。

ドライフラワーは飾り用としてキャンドルの外側に使われています。キャンドル自体は二重構造になっているので、基本的に火が燃え移りにくいようになっています。(万一燃え移りそうな時は、その部分のお花を取り除いてください。)

廃棄生花のソイキャンドルを見る

North Candlesー100%プラスチックフリーを徹底!北海道十勝のソイキャンドル

キャンドルの外側に施されたヒバの葉が、なんとも北国っぽくて素敵!

North Candlesは、カナダと北海道出身のご夫婦がつくるハンドメイドソイキャンドルのお店。​​

キャンドルは100%植物由来のソイワックスと季節のドライフラワーを使用しています。

また、過剰包装をせず使い捨てプラスチックを使用をしない「100%プラスチックフリー」を徹底するなど、環境に配慮したお店です。

素朴でナチュラルなキャンドルは、リピーターの方も多いです。

公式サイトの他、Creemaでも出品されています。

現在カナダに帰省中とのことで、2022年2月中旬頃の発送になるそうです。

球体の無香料ソイキャンドル

球体の無香料ソイキャンドル
引用:North Candles

めずらしい球体の形のソイキャンドル!

100%再利用可能な大豆でできていて、香りがないので、ディナー中にも使えます。ソイワックス自体もほとんど香りがしないので、強い香りが苦手な方におすすめ。

キャンドルを使用していくと中が繰り抜かれて、まあるい容器に。使用後は小物などを入れてディスプレイとしても使えますよ。

球体キャンドルの詳細

コーヒーの香りのソイキャンドル

コーヒーの香りのソイキャンドル
引用:North Candles

こちらは、火を灯すとコーヒーの香りが広がる「コーヒーキャンドル」!

コーヒーの香りが好きだけど、体質的にカフェインを控えている方や、頭痛に悩む方にもオススメです。

大豆ワックス100%使用、燃焼時間はおよそ20時間です。

コーヒーキャンドルの詳細

まとめ|ソイキャンドルがおすすめな方

いかがでしたか?

ソイキャンドルの特徴と選び方、そして特におすすめのソイキャンドルショップを紹介しました!

ソイキャンドルの良いところ

  • 煤や煙が出にくく、空気を汚さない。
  • 100%植物由来で人工的な刺激臭がしない。
  • 融点が低いので長く使え、綺麗にロウが溶ける。
  • 生分解性が高く、環境に優しい。

環境にも自分にも優しいキャンドルで、質の高いリラックスタイムを♪

-LIFE
-,