BEAUTY

オーガニックカラーとは?デメリットも【実際に自宅でカラーしてみた本音】

2022年4月7日

オーガニックカラーとは?デメリットも

髪や頭皮に負担をかけず、艶感がでると話題の「オーガニックヘアカラー」を知っていますか?

今回は、自宅でオーガニックカラーに挑戦

実際に使ってみたメリット・デメリットを紹介します♪

本記事でわかること

  • オーガニックカラーの特徴
  • 使用感、メリット・デメリット
  • 自宅でオーガニックカラーする方法

★COLOUR ME ORGANIC(カラーミーオーガニック)を使用

たしかに、頭皮に染みない優しさ、安心感、仕上がりの艶感は良いのですが、気になる点も多々も。

\今回使用したのはこちら/

オーガニックカラーとは

自然由来のオーガニックカラー

100%オーガニックカラー
100%オーガニックカラー

オーガニックカラーとは、自然由来のオーガニック原料を使用したヘアカラーを指します。

ヘナタトゥーで人気のヘナや、デニムの染料に使われるインディゴ(藍)を使っていることが多いです。

それぞれのハーブが色素をもっていて、その割合によってカラーが決まります。また、髪や頭皮の健康効果が期待できるハーブも。

ヘナオレンジ色の色素、トリートメント効果
インドアカネ赤色の色素
インディゴ藍色の色素
ブリンガラーチュ墨色の色素
アムラハリ・コシを与える
ハイビスカス潤いを与える
フェヌグリーク艶を与える
オーガニックカラーに使われる植物の例

オーガニックカラーのメリット・デメリット

オーガニックカラーのメリット&デメリット
オーガニックカラーのメリット&デメリット

オーガニックの植物染料で染めるので、化学染料とと違って頭皮や髪に負担をかけません

天然のトリートメント作用もあるので、むしろ使えば使うほどダメージを補修し艶とハリが出てきます。髪に潤いを与えながらカラーできるのが、オーガニックカラーの一番の魅力です♪

ヘアカラーをしすぎて痛みが気になる人は、しばらくオーガニックカラーでのケアに挑戦してみると良いかもしれません。

オーガニックカラーで白髪染めは無理?

オーガニックカラーでも白髪染めは可能です。

特に白髪が多い部分にはたっぷりと塗布する必要がありますが、白髪とそれ以外の部分で染まりムラができません。植物の本来の色を利用して染めるので、仕上がりがとても自然!

一方で、オーガニックカラーではハイトーンカラーに染めることはできません

地毛よりも明るいカラーにしたい、という方には向いていないと言えます。

明るいカラーを入れるには一度ブリーチする必要がありますが、それだと結局髪に大きなダメージを与えることに。ブリーチした後に市販のカラー剤を使うよりは、ダメージは軽減されます。

植物のアレルギーがある方はパッチテストするなどして事前に反応を確認しましょう。

オーガニックカラーとイルミナカラーの違い

どちらも髪に優しい、というイメージをお持ちかもしれません。

オーガニックカラーとイルミナカラーには、大まかに以下のような違いがあります。

オーガニックカラーイルミナカラー
・頭皮や髪・環境に優しい
・赤みを消した透明感&外国人風カラー
・明るめのカラーが出にくい
・暗めにしっかり染まるので白髪染め向き
・頭皮に染みる場合もある
・柔らかく自然、日本人向きカラー
・艶感がしっかりと出る

ご自身の好みや目的にあわせて選んでみてください

オーガニックカラーの選び方

信頼できるオーガニック認証で選ぶ

(例)カラーミーオーガニックの国際認証

地肌への優しさを重視する方は、信頼できるオーガニック認証を取得しているものを選びましょう

日本における「オーガニックコスメ」の基準は非常に曖昧です。

無農薬野菜・オーガニック野菜の場合は、農林水産省が決めた基準をクリアする必要がありますが、コスメ関連のそういった決まりは日本国内にないのです。

つまり、ほんの少しオーガニックのものを入れただけで「オーガニック」を名乗るものなども中にはあります。

そういった製品を成分表などを見て見極めるのは、初心者には難しいですよね

例えば、ECOCERT認証やUSDA認証(アメリカ農務省)、インド政府のオーガニック認証などが信頼できるマークです。

前述したとおり「オーガニックカラー」といえど、中には通常のカラー剤とほとんど変わらないようなものもあるので、ご自身の好みに合わせて選びましょう。

カラーの入りやすさで選ぶ

2つ目は、染めたい色に合わせた選び方です。

ハイトーンに染めたい場合オーガニック100%は向いていません

一言で「オーガニックカラー」といっても、100%オーガニック成分のみで出来たものから、通常の化学系成分カラー剤にほんの少しオーガニック成分を混ぜたものまで様々です。

石油化学系成分が多めに使用されたオーガニックカラーは、地肌への負担は増えるものの明るいカラーが出やすくなります。

ご自身の目的に合わせて選ぶと良いですね。

(美容室で使われている「オーガニックカラー」は石油化学系成分のベースにオーガニック成分を配合したものが一般的)

カラーミーオーガニックのオーガニックカラーを実際に使ってみた

今回は、白髪に悩む母に使ってもらいました

カラーミーオーガニックって?

カラーミーオーガニックのセット
カラーミーオーガニックのセット

カラーミーオーガニックは、化学染料ゼロ、100%オーガニック原料を徹底したオーガニックヘアカラーです。

世界3か国の厳しい国際オーガニック認証(※)を取得した正真正銘の本格オーガニックカラー!
※ECOCERT認証、USDAオーガニック認証、インド政府認証

全8色展開なので、ご自身の髪色に合わせて選ぶことが出来ますよ♪

全8色のオーガニックカラー
全8色のオーガニックカラー

セット内容(ハケ・キャップ・手袋つき)&準備するもの

オーガニックカラーの事前準備
準備するもの

セット内容には

  • オーガニックカラーパウダー
  • ハケ
  • 使い捨てキャップ
  • 使い捨て手袋

が入っています。

自分で用意するべきものは

  • 計り
  • 金属製以外の容器
  • 金属製以外のスプーン
  • ラップ
  • 汚れてもいいタオル

です。(写真にラップとタオルがなくてすみません)

ラップとタオルは、髪にカラーを付けた後に使います!

カラーミーオーガニックの使い方

説明書通りに計量
少しずつお湯を足しながら溶かす

日本語の説明書も同封されているので、そちらもご参照くださいね

髪の長さやヘアカラーによって粉の使用量も異なります。

少しずつ足していって調整してみてください。

容器に出した粉にぬるま湯を少しずつ加えながらペーストを作ります。

写真のようなケチャップ程度のテクスチャーがポイントです!

それよりも硬いと染まりが悪くなるので注意。

冷めて乾いてきたなと思ったら少しぬるま湯を足してみてください。

カラーミーオーガニックの塗りたて
たっぷり塗るのがポイント

特に白髪が目立つ箇所には、たっぷり塗ります。ただし塗りすぎるとかなり垂れてくるので、首にタオルを巻くなどしてください。

ペーストはグリーンが強く、染めたては緑っぽくなる人もいるようです。徐々に落ち着いていきますよ。

塗り終えたら、乾燥しないよう頭にラップを巻き、最低1時間以上置きます。

オーガニック100%のカラーなので、長時間おいてもOKです。

長ければ長いほど染まりやすくなるそう!

時々ホットタオルやドライヤーで温めると、より効果が出ます。

ラップを巻いた上に付属の使い捨て帽子をかぶります。

時間がたつと、こめかみや襟足に塗りすぎたのかダラダラと垂れてきてしまいました。

説明書には液だれ防止に頭にタオルを巻くとありますが、ズレにくい首に巻いておけば良さそう。前髪から垂れてきてしまう場合は頭に巻いた方が良いので調整してみてください。

うちは4~5時間このまま放置しました。

途中で温めると良いとのことでしたが、それでなくてもダラダラ垂れてきていたので断念。慣れていない人には扱いにくいと思います。

肝心の仕上がりです↓

自宅オーガニックカラーで白髪染めばっちり!艶カラーが叶う!

使用前は頭頂部・生え際ともに白髪が目立ちましたが、こんな感じに。

オーガニックカラーは、染めたあと数日かけて色が濃くなっていくそう。写真は染め立てです。

頭頂ビフォーアフター

カラーミーオーガニックで染める前
カラーミーオーガニックで染めた後

生え際ビフォーアフター

カラーミーオーガニックで染める前
カラーミーオーガニックで染めた後

とくに生え際の白髪が目立たなくなっています。

完全完璧に染まってはいないものの、なかなかいい感じ。赤みはなし、やや黄みがかったブラウンになりました。

自宅カラーは初めて挑戦したので、大変でした

ありがたかったのは、長時間放置してもOKという点です。

初心者で塗るのに時間がかかるので、急ぐ必要がないのは助かりました。

途中でペーストが乾いてきた場合は、ぬるま湯を少し足してケチャップの柔らかさを保ちましょう!

繰り返し染めていくとさらに色が定着するそう。

頭皮トラブルもなく、頭皮にカラーが残ることもありませんでした!

オーガニックカラー 個人的に良かった点・気になった点まとめ

今回はカラーミーオーガニックを使い、初めて自宅オーガニックカラーに挑戦してみました!

個人的に良かった点、気になった点は以下のとおりです。

良かった点

  • 長時間塗布OKなので、焦らずに作業できた
  • 頭皮に染みたりせず安心して使えた
  • トリートメント効果もあったので、水で洗い流すだけで艶々な仕上がりになった
  • 100%オーガニックだけど8色もあったので似合うカラーがあった

気になった点

  • ぬるま湯でペーストを作るのが大変だった
  • ペーストの緩さ調節が難しいので、途中で垂れてきた
  • モリンガのような独特な匂いは人によって苦手な人も?

自分でペーストを作るのが難しかったですが、染まり方やトリートメント効果には満足でした。

頭皮が敏感な方、積み重なったダメージが気になる方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

\使用したカラーはダークブラウンです/

お気に入りのヘアケアアイテムも紹介しているので、気になる方はぜひ♪

-BEAUTY
-,